ありがとうメッセージ

ホーム > ありがとうの声 > 井戸 カオルさん
井戸 カオルさん

井戸 カオルさん

輸血を受けながら、これがなかったら死ぬんだな、と思った。ありがとうの言葉を伝えたい。

「腰がだるいなぁ」と思って血液検査を受けたんです。その結果、白血病だと診断されました。
妹からの骨髄移植にともない、多くの輸血を受けました。当日は、姉や妹、子どもたちが全国から駆け付けてくれたんです。
輸血の血液を眺めて、「これがなかったら死ぬんだな」と思いました。
退院して、本当に感謝の気持ちで一杯になりました。ありがとうの言葉を伝えたいです。
今では孫も誕生して、家業の畳屋も長男が引き継ぎ、お店を見守っていられることが本当に幸せでなりません。
本当に感謝しています。

 

和歌山県在住|「急性骨髄性白血病」

一覧へ戻る

ぺージの先頭へ